感想置き場

小説・ゲーム・稀に映画の感想置き場。ミステリーとBLとアサシンクリードが好き。

摩耶雄嵩『メルカトルと美袋のための殺人』感想

 美袋くんなんでコイツと友達やってんの!?(n回目の感想)
 メルカトル鮎、鬼畜外道・冷酷無比の擬人化か……?これほど「倫理」の2文字が似合わん人は早々いない。いっそ自分で人を殺しちゃうような人の方がまだ人間味があるくらい。自分ではぜっっったい手を下さないけど、とにかく人を手のひらで転がすのが大大好きで、真相なんて「自分が」好奇心を満たせれば後は野となれ山となれ、必要とあらば証拠のでっち上げや犯行の誘導、自らの友人の誘拐まで行う……。恐ろしい男だよホントに。
 これで少しぐらい他に隙があれば可愛げもあろうものだが本当に「無い」のだから困る。とにかく頭がキレるのは本当なので誰も勝てない。というか自分が負けないためにはどんな奇策でも屁理屈でも打ち出してくるので勝つ方法が「存在しない」。現実にいたら怖すぎるけどそれゆえにキャラとして輝きすぎてる。「だってメルカトルだし……」ですべてを水に流させてしまう圧倒的存在感がある。

ここからは気に入ったものを個別に

「遠くで瑠璃鳥の啼く声が聞こえる」
 これが一番好きかな。
 美袋くんが急にポッと出の女の人といい仲になって「おやおや」とか思っていたらまさかの「好きだと思った原因」が存在して、そこから事件を紐解くという斬新さ!しかも「ワトソン役」として読者にヒントを提供する視点である美袋くんの証言部分がなんと「夢」!「嘘でしょ!?予知夢なんてそんな馬鹿な!?」と言いたくなるが、そこもちゃんと論理的(に思える)説明を用意してくるのがいい。たしかに微睡んだ状態で聞こえてきたことをはっきり覚えてることもあるし、周囲の状況から夢に影響が出ることもままあることだから。
 極めつけは美袋くんの「愛」がただの同情、延いては「愛する人のために奮闘する自分」というヒロイズムにすぎなかったという残酷な指摘!そして「嘘だ嘘だ」と喚きながらも本心ではそれが真実だと理解している美袋くん!最高……。
 たしかに美袋くんって表面上では倫理面を気にするそぶりを見せるんだけど、いざ自分の身が危うくなったり実利が絡んでくると簡単に「まあそんなものだよな」と割り切ってしまうところがあって、本当は誰のことだって愛してないし究極的には人が死のうが生きようがどうでもいいと思ってるんだよね。なんでメルカトルと仲良く(?)できるのかって疑問を私は何度も抱くけど、結局答えはそこなんだよ。人を心の奥底でどう見ているかって部分がメルカトルと美袋くんは似ている。「愛情や人道、正義感など信じるに値しない」、ここに尽きる。
 メルカトルは美袋くんの本質を見抜いているし、美袋くんはメルカトルが自分を見る目が間違ってないと確信してる。そこにはたしかに「絆(この2人には世界一似合わない言葉だが)」があるんだなあ。そうじゃなきゃ10年友達(と呼んでいいのかわからない何か)なんかやれるかっての。

「小人閑居為不善」
 今度は犯行の唆しですか……コイツ……さすがすぎる……。まあ直接〇〇をやれって指示したわけじゃないんで法的には絶対問われないんだよな。迷ってる人の背中をちょんとつついただけなので……最悪の野郎だ……。被害者になりすましてアリバイ工作なんてのはよく使われる手だけどまさかこういう使い方をするとは。
 というかこの話のヤバいところはそこじゃなくて、自分の退屈を紛らわせるために殺人を誘発するという外道ぶりと、この後本当にメルが警察に通報したかどうかもわからないところなんだよ。メルならもう興味を引くことはないからって通報しないとか普通に考えられる。最悪だなコイツ……(n回目)。

「水難」
 2番目に好き。
 ガチ幽霊を容認するところにびっくりした。推理小説って基本的にそういうのトリックにするじゃない?閉鎖された井戸に浮かぶ、セーラー服を着た骸骨とかオカルティックでなかなかオツですね。土蔵の扉にデカデカと書かれた「死」の文字とかイヤッホゥ!テンション上がるゥ!
 動機とか真相とかはそこまで突拍子がないものではなく、うっかり殺してしまったクラスメイトの死体を隠して数年後に復讐っぽく殺されるなんてベタ中のベタなんだけど、普通なら幽霊の名を借りたリアル犯人にするところを、あえて幽霊は残しつつ犯人の自業自得で終わらせるってところがよかった。
 しかしなんといっても1番の見所は美袋くんがガチでメルを殺そうという衝動に抗えなかったところだよ!あそこは読んでて興奮してどうにかなりそうだったね。メルが憎まれる理由を完全に理解できるがゆえに「行けーーっ!やっちまえーーっ!」と思わなかったと言えば嘘になる。ホームズに本気で殺意を抱くワトソン役……新しいな……。しかもメルがその殺意を見抜いていてその場では指摘せず、あとで交渉の材料、むしろダメ押しの一部として平然と使ってきたというところ!たぶん本当に殺されたとしてもメルは「ついにこの時が来たか」としか思わないんじゃないか?まあ実際はそんなことする前に一作目で死んでるんだけどな!ハッハッハ!

「彷徨える美袋」
 3番目に好き。
 美袋くんまーた犯人の嫌疑をかけられているよ……。まあ探偵物にはよくあることだけど、事件にたまたま遭遇する部外者なんて普通に考えたら怪しまれるよね。
 しかし美袋くんは「困ったときにはメルカトル」が板につきすぎだろ。メルカトルの人格は最悪だけど実力だけは本物だと理解してるからな。メルが本気で言ってることなら絶対間違わないってある意味絶対の信頼を抱いてるよね。信頼とか美しい言葉、カケラも似合わない関係だけど……。
 問題はメルの人格、本当にこれはどうしようもない……まさか自ら友達を誘拐するなんて……。いつもはなんやかんや窮地を救ってくれるんでつい水に流しそうになっちゃうんだけど今回はだいぶ一線越えたね!?「実際にピンチになってもどうにか阻止するさ」とは言ってたけど、具体的にどうするかはわからないし万が一に間に合わない可能性とか考えると美袋くんが殺される可能性はゼロじゃない。その万が一で友達が殺されても「あーあ」で済まされそうで怖い!!でもそれだと流石のメルも「負けた」判定になりそうだから必死で阻止するのかな?そうは言っても実際一作目でメルは死んでるわけだから絶対ありえないとも言い切れない。真実は想像することしかできない……。美袋くんやっぱ友達は選べよ!コイツはやめた方がいいって!やめないんだろうけど!

まとめ
 どの話も冷たくて斜に構えてて捻くれてて最高だな!「普通ならこうするだろう」を微妙にずらしてくる展開。騙されるのが超気持ちいい(ドMだから)。この清々しいくらいの倫理観ゼロっぷりが大好きだよ私は。
 でもここまで完璧で絶対負けないメルを描写されると一作目でおとなしく殺されてたのが本当に不可解。自分が殺されるところまで計画通りだったのか……?